データが経済を牽引

国内経済におけるデータエコノミーの貢献は、地域、ひいては国の未来をも変えることができます。相互接続された4大技術(AI、IoT、ブロックチェーン、5G)がビジネス形態に確固たる軌跡を残していることから、地域のインフラ事情は重要です。また、組織のデータ生成量は今後5年間、前年度比にして60%ずつ増加していくことが予想されています。

そんななか、皆様の地域ではどのようにかじ取りを進めていけばよいのでしょうか?

レポート

  • 2019年のGlobal Digital Capitals Indexで、Digital Realtyは次のことについてデータに基づいた調査を行いました。 
  • 今日のデジタルをリードしている地域と、今後リードすることが予想される地域
  • ランキングの決定に用いた指標群
  • 4つの新たなデジタルテクノロジーと、各地域におけるその影響
  • インサイト、推奨事項、乗ずべきビジネスチャンス
主要都市は、世界的に重要なテクノロジー企業が多数集まるハブとしてよりいっそう重要性を高めています。これは、都市の規模が大きい方がビジネスネットワークの密度も濃いことや、人材が確保しやすいこと、主なインフラが存在することが理由で、また、高額の施設費やその他の運営コストを考慮しても利点が多いためでもあります。
トップ
お問い合わせ