COVID-19: Our number one priority is the health and safety of our employees, customers and partners. See statement from our CEO.

Hudson Alpha Casestudy
- ケーススタディ

HudsonAlpha

健康のための提携

共有

HudsonAlpha Institute for Biotechnologyは、さまざまな生物学的課題に取り組むためゲノム技術とゲノム科学の分野におけるイノベーションに尽力する非営利組織です。

HudsonAlphaのゲノムサービス研究所は、15年間に平均して[#000]},16から000,200もの全ゲノムのデータを生み出しています。各ゲノムは300〜{[#6]}ギガバイトのファイルに相当するため、保存と分析が必要なデータは膨大です。また、HudsonAlphaはその研究データを共有して、それを使用して違いを生み出すことができる人々の手に渡すことに強い関心があり、同研究所によって収集されたデータの{[#7]}〜{[#8]}割が世界中の科学者や研究者に提供されています。HudsonAlphaではこのような大量のデータを作成して転送することから、高い遅延性、パケットのドロップ、その他ネットワークトラバーサルの問題など多数の課題に直面していました。データ転送の重要性と時間依存性を考慮し、HudsonAlphaではデータの耐久性を保ちながらそれを利用可能にできるようにして、さらに科学研究の前進に集中することを可能にする強力な実証済みのソリューションを必要としていました。

共有
Hudsonalpha Logo 775X225

相互接続性はとても重要です。我々が生み出す莫大な量のデータの70から80パーセントはこの建物の外へと流出し、世界のどこかにある共同会社のサイトへと向かっていきます。これを考慮すると、ネットワーク・トラバーサルでの高レイテンシ、パケットの損失や他のどんな問題も弊社にとっては、一大事となるのです。

カスタマーポータルにログイン
情報の配信をご希望の方

クッキー

当サイトではより快適に閲覧していただくためにクッキーを利用しています。サイトの閲覧を続けることで、クッキーの利用に同意されたことになります。詳細はこちら

お問い合わせ