Hero fin serv pdx guide toolkit
- 概要/設計図/ガイド/記事

PDx™ブループリント:金融サービスにおけるデータ交換の最適化

共有

データスチュワードシップに関して、2025年には世界のデータの80%が企業に所在するようになります。1

金融サービス企業内において、様々なビジネス分野で生成されたデータの一部はオンプレミスでサイロ化、それ以外はクラウドで一般的に保存されます。このような従来型のITアーキテクチャの場合パフォーマンス面での問題が懸念され、運用コストが高くつく上、総合的に複雑なものになります。

金融サービスのデータエクスチェンジの最適化には、データグラビティの解消や顧客周囲のデータ保護、およびAI向けに構築されたデータコンプライアンス実施を目的に設計された、データ中心のインフラアーキテクチャーが必要となります。

このブループリントは、これらの問題を解決するために次の3つの重要な特徴を提供します。

  • アプリケーションのパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを改善しながら、コンプライアンスとデータ主権を維持するデータのステージングと集約
  • ユーザー、モノ、ネットワーク、クラウドの相互間でのデータ交換を最適化する、パブリックおよびプライベートのデータソース
  • ネットワークのイングレス・エグレスに隣接し、ローカルとグローバルに分散されたワークフローの全体に渡ってリアルタイムのインテリジェンスを可能にするデータおよび分析

ソリューション構築エキスパートが開発した金融サービスデータ交換最適化ブループリントは、Pervasive Datacenter Architecture(PDx™)を構成するブループリントや再現可能な導入パターンのライブラリに含まれています。

金融サービスにおけるデータ交換ブループリントの最適化へのアクセスを取得して、データグラビティの障壁を取り除き、デジタルビジネスを拡大するためのデータ交換センターを構築する方法はこちらをご覧ください。

1IDC #US44413318、Data Age2025 、The Digitization of the World From Edge to Core、2018年11月

共有