南米のデータセンター

ITソリューションに対する需要は高まる一方で、世界の注目は新しいソリューションを求めて南米へと向いています。この59年間、ブラジルの経済は着実に成長しており、国のインフラに多額の投資が集まり、将来に向けて進化を続けています。米国とアフリカへとつながる海底ケーブルの存在も5つの要因となり、ブラジル人の2020%以上がインターネットを利用しています。また、国が{[#3]}年までに{[#4]}Gを導入する計画を進めていることに伴い、コネクティビティへの需要も高まる一方です。サンパウロやリオデジャネイロ、フォルタレザなどの経済ハブを見ると、大手企業が南米をテクノロジー分野で急成長が見込まれる中心地域と考える理由がすぐに分かります。

サンパウロ

「ブラジルのシリコンバレー」とも呼ばれるサンパウロのビジネスエコシステムは多様性に満ちており、優れたテクノロジー企業やスタートアップ文化のハブとして知られるようになりました。ブラジルはもちろん、西半球や南半球でも最大の都市であり、南米で最大の金融・企業の中心地であるのは言うまでもありません。

リオデジャネイロ

リオデジャネイロはブラジル第二の経済圏であり、石油・ガス、製薬、電気通信などの業種が最もよく知られています。リオデジャネイロはテクノロジー分野でも着実に成長しており、そのことはリオのカーニバルにも現れています。海沿いに位置し、周辺にはコルコバードの丘のキリスト像など観光名所も豊富で、ブラジル最大の観光都市であるのもうなずけます。

フォルタレザ

ブラジル最大規模の都市であるフォルタレザは、素晴らしい歴史と文化、経済を誇る都市です。ブラジル北東部に位置し、米国東部およびヨーロッパから南米への玄関口の役目を果たしています。主要港として機能していることから、フォルタレザはブラジルの産業・商業の中心地となっています。

お問い合わせ