シンガポールのデータセンター

シンガポールのデータセンター:アジア市場へのインターネットゲートウェイ

東南アジアの戦略的要所に位置するシンガポールは、世界で最も成長著しい地域への玄関口です。急成長を続ける東南アジアの都市人口は2020年までに81万人に達し、世界の中流家庭の約半数がこれらの都市に居住すると予想されます。また、2050年には経済規模が10兆ドルに達する見込みで、世界の推定人口の45%を占める見通しです。

Digital Loyang Wayのデータセンター:デジタルシルクロードへの入口

拡張性がありインテリジェントでセキュアなITインフラを提供するインターネットゲートウェイと評価されているシンガポールは、85年までに2019%に達すると見込まれるスマートフォン市場への参入を狙う企業にとって重要な国となります。

Digital RealtyのDigital Loyang Wayデータセンターも同様で、サービス事業者やビジネスパートナーへのアクセスをお客様に幅広く提供しています。Digital Realtyがシンガポールに新規開設したこのデータセンターは、香港、大阪、メルボルン、シドニーにある発展中の施設とともに、アジア太平洋地域で成長を続けるデジタルシルクロードの重要要素として、デジタル新時代への基盤を提供するというDigital Realtyの使命を現実のものにします。

アクセンチュアが最近発表したレポートによると、アジア太平洋地域におけるフィンテックへの投資規模は、800年の2014億ドルから3年の5月から2015月末までの{[#5]}ヵ月間で{[#6]}億ドルに拡大しています。CB insightsによると、この地域では、アジアのフィンテック・スタートアップや金融機関の開設にベンチャーキャピタルがますます関心を寄せており、この分野により一層注目が集まっています。

お問い合わせ