北米へ戻る

マイアミのデータセンターソリューション

1件のデータセンター、マイアミ
  • 南米にアクセスするための国際ゲートウェイ
  • カテゴリー5ハリケーンに対応した構造設計、FEMAの100年フラッドゾーン(洪水危険区域)外
  • ネットワーク事業者25社以上

Colocation Data Center 36 NE 2nd Street

Miami, 33132
  • 商用電力容量: 2,000 kW
  • 建物の全寸法:162,000 ft²
  • UPSの冗長機能: 2N
  • 冷却プラントの冗長機能:N+1、N+2

国際貿易と商取引のゲートウェイ

マイアミの歴史上、経済力はもっぱら観光業に依存していましたが、今日のマイアミ・デイド郡は国際貿易と商取引のリーダーとしての地位を誇ります。実際、Strategic Information Analysis, Inc.による2012年発行の経済調査によれば、国際貿易は現地で105,000を超える雇用を生み出しています。

ラテンアメリカに近いことから、マイアミには1400社を超える多国籍企業があり、国際銀行については全米で最高密度を誇り、その他にも多くの企業が地域本部をここに設けています。国際貿易と貨物において全米一の規模のマイアミ国際空港とマイアミ港は、合わせて80億ドルを地域経済にもたらしています。

マイアミのダウンタウンに位置するDigital Realtyのデータセンターは、フロリダ州民に馴染みの深いカテゴリー5のハリケーンに耐えられるよう設計されています。

カスタマーポータルにログイン
情報の配信をご希望の方

お問い合わせ