COVID-19: Our number one priority is the health and safety of our employees, customers and partners. See statement from our CEO.

オーストラリアへ戻る

メルボルンのデータセンターソリューション

1件のデータセンター、メルボルン
  • Uptime Institute Tier III 設計および建築認定取得
  • 外気冷却システムによる業界をリードする<1.3のPUE(電力使用効率)
  • ご希望の通信事業者、CSP、パートナーへの接続性
  • 4エーカーの増設可能開発用地

72 Radnor Drive

Deer Park, 3023
  • 商用電力容量: 10,000 kW
  • 建物の全寸法:94,000 ft²
  • UPSの冗長機能: 2N、分散型冗長機能 S140ではN+1
  • 冷却プラントの冗長機能:N+1

オーストラリアの技術ハブ

オーストラリアの技術ハブと考えられているメルボルンには、同国のトップ20にランク入りするテクノロジー企業の半数以上が拠点を構えます。Trade & Investment Victoriaによると、全体としてビクトリアの情報通信技術(ICT)産業は好調で、IBMやマクロソフト、インテルなど8,000社を超える多くのグローバル企業がこの地に進出しています。

年間340億オーストラリアドルの収益を生み、約91,300人が従事しているビクトリアのICT産業は、国際的競争力を持ち、年間輸出総額約25億オーストラリアドルを生み出しています。

州全体で最重要分野として推進されている技術部門には、税金の手厚い優遇措置が取られ、1オーストラリアドルにつき45セントの租税控除を設けることで、研究開発の取り組みを強力に後押しています。その結果、KPMGの評価で、メルボルンの税インデックスは特にベルリン、シドニー、そして東京より上位にランク付けされています。

主要な技術ハブであるメルボルンは成功を収めている数々のゲームや学習アプリ、オンライン小売ソリューション、広告キャンペーンを生み出しています。米国以外で唯一、世界的に有名な究極のゲームエキスポ、ペニー・アーケード・エキスポ(PAX)を開催する国際都市です。「リアルレーシング3」は、メルボルンにあるオーストラリア最大のゲームスタジオ(エレクトロニック・アーツ)で生まれたモバイルゲームアプリの一例です。

カスタマーポータルにログイン
情報の配信をご希望の方

クッキー

当サイトでは、お客様にウェブサイトを快適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。当サイトでのクッキーの使用に関する詳細や設定については、こちらのクッキーに関する通知をご覧ください。

お問い合わせ