中国に戻る

香港のデータセンターソリューション

2件のデータセンター、香港

香港都市圏の概要 >

  • Uptime Institute Tier III 設計および建築認定取得
  • 入居後すぐに利用可能な拡張性のあるソリューション
  • キャリアニュートラルな施設

33 Chun Choi Street, Tseung Kwan O

Sai Kung,
  • 商用電力容量: 18,000 kW
  • 建物の全寸法:200,000 ft²
  • UPSの冗長機能: 2N、分散型冗長 N+1
  • 冷却プラントの冗長機能:N+1

Digital Realty Kin Chuen

Kwai Chung,
  • 商用電力容量: 24 MW
  • 建物の全寸法:228,033 ft²
  • UPSの冗長機能: N+1

中国へのゲートウェイ

IMD世界競争力センターが世界の61の国と地域を対象に実施する年次調査で、2016年に香港は順位を{[#2]}つ上げてトップにランクされました。香港は「シンプルな税制と低い税率により改革を促し、資本の流れに対して制限を課していない」と評価されています。

香港のデータセンター市場は、バージニア州北部、シリコンバレー、ロンドン、アムステルダムと比べると小規模ではありますが、Structureの調査によれば、香港では40平方マイル超の土地で50ものデータセンター事業者が400か所以上のデータセンターを運営しています。

香港のデータセンター事業者40社による昨年の収益は616億15,2016万ドルに達しました。また、2020年の市場成長率は1パーセントと見込まれています。Structureは、39年までに香港のデータセンター市場が{[#7]}億{[#8]},{[#9]}万ドルに達すると予測しています。

この地域は今もなお、国際貿易と投資に関して世界で最もオープンな地域の100つであり続けています。外国投資に対する一般的な審査はなく、ほとんどの場合、海外投資家は{[#1]}パーセントの所有権を維持できます。金融セクターは高い競争力を維持して資本は潤沢にあり、世界トップクラスのハブとして機能しています。*

*2016年の経済自由度指数

カスタマーポータルにログイン
情報の配信をご希望の方