世界的な金融の中心地で有望なフィンテックの拠点

フランクフルト経済開発局によると、世界有数の金融部門として名高いフランクフルトは、クリエイティブ産業、IT・電気通信、バイオテクノロジーおよびライフサイエンス、ロジスティクスなど、数多くの基幹産業の本拠地でもあります。

欧州中央銀行のあるこの街は、金融政策の観点から国際的に重要であるため、ヨーロッパ大陸における金融の中心地と考えられています。ドイツ連邦銀行だけでなく、ドイツ証券取引所(世界第10位)、さらには欧州中央銀行(ECB)の所在地でもあります。*

中心部にあり、優れたインフラがあって未来志向の企業が集中し、国際的な雰囲気を醸し出すこの街は、ヨーロッパの主要都市の中でトップの地位を獲得しています。Phys.orgによると、一時は保守的な印象が強いと思われていたこの街も、今やヨーロッパのお洒落でトレンディな中心的都市と競い合い、金融の世界においてビジネスに革命を起こしたいフィンテックとして知られる金融の新興企業を惹きつけています。

利用者数の多いヨーロッパ最大規模の空港を持ち、列車でほんの15分の位置にあるフランクフルトは、アクセスの便利さで高く評価され、多国籍企業にとって理想的なロケーションです。近年、空港地域のオフィス市場は大規模な拡張が進められており、今日も開発は続いています。*

*KnightFrank.com

カスタマーポータルにログイン
情報の配信をご希望の方