必要な時に、必要な場所でターンキーソリューション

データセンタースイートは、大幅な設備投資の必要なく、貴社自身のデータセンターにプライバシーをもたらし、管理を可能にします。事前に試運転済みの、分散型冗長設計を備えた優れた大型スイートのメリットが得られるだけでなく、細分化も容易ですぐに設備を整えて運用を開始することができます。

クラウドへの接続には、当社の包括的なサービスポートフォリオと相互接続オプションをご活用ください。サービスプロバイダーも当社のグローバルエコシステムから自由にお選びいただけます。

認証を表示する >

運用を迅速化

  • データセンタースイート: Turn-Key Datacenters®を使用してグローバルに構築し、成長戦略を実現
  • 分散型冗長設計: 分散型冗長設計がもたらす信頼性と、当社データセンタースイートのトポロジーおよびインフラの分離により、中断なくビジネスを継続することができます。
  • 接続性: 当社のパートナー、お客様、サービスプロバイダーのエコシステムとのシームレスな相互接続性が貴社のビジネスを推進
  • 柔軟なスペース: 発送からデータセンターのフロアにいたるまで、段階的にビジネスをただちに成長させることができる柔軟性
  • パワー: 単一障害点のない分散型冗長設計による効率性と制御
  • 相互接続されたデータセンターエコシステム: 貴社固有の要件に最も合うように設計された、専用の部分的なデータセンタースイートから完全な データセンタースイートにいたるまで幅広い機敏なビジネスソリューション。大手クラウド事業者と多数の顧客ポートフォリオにアクセスできます。
  • 弾力性と回復性: グローバルポートフォリオ全体で11年連続して稼働率{[#1]}.{[#2]}%を達成

事業拠点

お客様が必要とする場所でいつでも、Digital Realtyのお客様とパートナーのグローバルネットワークにご参加ください。

210+

データセンター

14

35

メトロ(都市圏)

5

大陸

持続可能性

Digital Realtyでは、エネルギーと天然資源の使用を最適化する持続可能な設計を通して環境効率を推進し、お客様にパフォーマンスの向上をもたらすことに尽力しています。

Digital Realtyは、Institute for Market Transformation(IMT)による2018年度Green Lease Leader賞を受賞し、米国エネルギー省(DOE)のBetter Business Allianceに選ばれました。

LEED(米国グリーン建築基準環境性能評価システム)/ BREEAM(イギリス建築研究所建築物性能評価制度)基準に適合するよう設計されているだけでなく、当社のグリーンリースはビルの所有者とテナント間で効率的な投資のコストとメリットが同じになるよう調整する体系を作り出します。

持続可能性における功績

再生可能エネルギー

米国コロケーション小売部門で風力発電100%を達成

グリーンビルディングのリーダー

認定を受けたグリーンビルディングを他のどの事業者よりも多く所有

エネルギー効率

DOE目標のエネルギー効率20%を達成

初のグリーンボンドを行使済み

4ヵ国における9件の持続可能プロジェクトに4億9,300万ドルを割当て

1/1

主な特徴

  • 設計:4つで3つを実現:合計6MWのIT電力容量を実現する2000kVA/kW UPSラインアップの分散型冗長トポロジー
  • 柔軟なIT負荷:モジュール型で拡張可能なスペースのプロビジョニング
  • 試験:信頼性と運用性を保証するため、全スイートのレベルVを試運転済み
  • スペース - 迅速な市場投入:当社のモジュール式/拡張対応Turn-Key Flex®設計を採用したMove-in Ready (入居後すぐに使用可能)スイート
  • 電力密度 - 貴社所有のプライベートスイートにある高密度ラックによりスケールアップに対応
  • 電力と冷却双方向けのSLA:100%のアップタイムと、貴社の効率的な事業運営を支援するコミットメント。
  • セキュリティ:貴社のデータを当社の5段階セキュリティ検証プロセスで保護

ターンキーのデータセンターソリューションを採用

ケーススタディ

ケーススタディの概要

  • ビジネスの窓口を1つにまとめて業務を効率化し、キャリアに依存しないコロケーションソリューションをグローバル展開
  • 主要な事業拠点を中心に複数のサービスに対応する100GBの高速専用回線を提供
  • SD-WAN接続性オプション
  • ネットワークアーキテクチャの単一障害点を解消

AT&TとDigital Realtyの協力により、強化されたグローバルネットワークバックボーンを設計・構築・展開することができました。これで現在そして未来を見据えてビジネスの俊敏性とお客様へのサービスを向上していくことができます。既存のインフラをこれほど短期間でこれほど大規模にアップグレードできたのも、両社の専門知識があればこそです。

多国籍銀行・金融サービス企業CTO
トップ
お問い合わせ