いつでも誰かがサービスを求めている時代、規模を問わずあらゆる企業が、世界中のワークフローを相互接続しなければなりません。この新しい現実に対応するには、デジタルエコシステムを安全に直接、ローカルおよびグローバルに接続するITアーキテクチャが必要です。ワークフローの管理とデジタルシステムの統合に理想的な交差点を備えたITは、ユーザー、ネットワーク、クラウド、システムなどをデータにつなぎ、データグラビティの障壁の排除を可能にします。

Digital Realtyのソリューションは、都市から地方までのハブをつなぎ、データ交換センターの構築とデジタルビジネスの拡張に不可欠な、安全で分散されたワークフローを確立します。

  • しっかりとプロビジョニング され、タイプ、速度、目的地、時刻、エコシステム参加者に基づくビジネスニーズに合った仮想相互接続
  • 安全で信頼できる 、PlatformDIGITAL™のネットワークハブを通じたグローバルポイント・オブ・プレゼンスのワークフローとエコシステムの接続性
  • 最適化されたパフォーマンスとコントロール で、デジタルビジネス・ワークフローの爆発的な量と高度にインタラクティブなトラフィック動向に対応

主なメリット

  • SDNベースのグローバルな相互接続を実現
  • グローバルなサービスチェーン・マルチクラウドとB2Bアプリケーション
  • クラウドやデジタルエコシステムをローカル規模でもグローバルにも仮想的に接続
  • 安全なB2Bワークフローの連携

PlatformDIGITAL™へのSXファブリックの導入

  • データ交換の各拠点にワークフローを分散
  • クラウドとB2Bのエコシステムを仮想相互接続・統合
  • コントロールとデータハブを相互接続し、分散されたワークフローに加える

特徴

  • Megaportが提供するポータル/APIによるサービスエクスチェンジを通じたグローバルなプロビジョニングアクセス
  • グローバル相互接続性スイッチングインフラ
  • クラウドと他のビジネスパートナーとをつなぐ、セキュアなSDNベースの仮想相互接続
  • マルチクラウド仮想ルーター
  • 都市圏間、地域間の相互接続ファブリック
  • オープンでグローバルなクラウドエコシステム接続

Megaportが提供するサービスエクスチェンジによる、統一されたグローバル体験

Digital Realtyの堅牢な相互接続性およびスイッチングインフラに支えられたMegaportのマルチクラウドルーティングとエコシステム接続を、SXファブリックに統合する方法をご覧ください。

  • 16 都市圏(2020年にさらに8都市圏が追加予定)
  • 60+ Digital Realtyの施設
  • 130+ オンランプ
  • 8 クラウドサービス事業者
  • 70+ グローバルクラウド地域
  • 450+ サードパーティーによるデータセンター

提供地域

ケーススタディ

ケーススタディの概要

  • オンデマンドのマルチクラウド接続でクラウドネットワークのコストを80%削減
  • サービスエクスチェンジのクラウドサービス事業者管理の簡潔化により、希望のクラウド事業者に臨機応変なアクセスが可能に
  • 24/7/365体制のグローバルデータ収集と分析

サービスエクスチェンジを利用することで、帯域幅にかかるコストを80%削減できるだけでなく、仮想環境の設定もはるかに容易になります。

Hive CTA兼設立者、Dmitriy Karpman、

SXファブリックの詳細はこちら

トップ
お問い合わせ