AT&TはDigital Realtと提携して、単一のグローバルバックボーンでその主要顧客のコアネットワークの更新と簡素化を支援しています。

目標:

  • 顧客のネットワークバックボーンに主要な接続ハブを作成
  • ネットワーク構造の単一障害点を解消
  • 最先端の物理的およびサイバーセキュリティを保証

主な結果

  • AT&Tがパートナーシップを管理し、顧客は米国内にある5拠点のDigital Realty施設のうち3拠点を選択
  • 高速、高帯域幅のカスタマーインフラストラクチャは、データセンターのミートミールーム (MMR)、POP、およびクラウドサービス事業者に接続可能

AT&TとDigital Realtyの協力により、強化されたグローバルネットワークバックボーンを設計・構築・展開することができました。これで現在そして未来を見据えてビジネスの俊敏性とお客様へのサービスを向上していくことができます。既存のインフラをこれほど短期間でこれほど大規模にアップグレードできたのも、両社の専門知識があればこそです。

多国籍銀行・金融サービス企業CTO
トップ
お問い合わせ