環境・社会・ガバナンス

環境・社会・ガバナンス(ESG)慣行は、Digital Realtyがビジネスを今後も成長させ、従業員と関わり合い、お客様をサポートしつつ環境への影響を最小限に抑えるために重要な側面です。

Digital Realtyは、環境に与える影響を持続的に管理し、エネルギーと天然資源の使用を最適化するために全力で取り組んでいます。当社は、環境に配慮したエネルギー効率の高い省エネデータセンターを設立し、環境パフォーマンスを向上する努力を継続的に続けていきます。

環境の持続可能性に関する方針」に記載されている当社の主目的は、次を継続的に行っていくことを目標としています:

  • 業界をリードするエネルギー生産性とリソースの効率性を備えたデータセンターソリューションを提供し、顧客の価値を向上させ、所有コストの低減を実現
  • エネルギーや水、廃棄物、二酸化炭素に関し、リソースの効率性を改善できるよう従業員と顧客を支援
  • 当社の業績をステークホルダーに定期的に報告し、透明性を確保

ESGレポート

Digital Realtyの事業、従業員、顧客、そして環境に関する成長と達成についてまとめた環境・社会・ガバナンス (ESG) 年次レポート。

持続可能性におけるデータセンターの役割

当社の持続可能性プログラム担当シニアディレクター、Aaron Binkleが持続可能性におけるデータセンターの役割や、その他多くについて自身の考えを語ります。

環境の持続可能性に関する方針

Digital Realtyの環境の持続可能性に関する方針は、現在起こっている環境の発展への取り組み、お客様へのサポート、ビジネス目標について説明しています。

サプライヤー行動規範

サプライヤー行動規範は、Digital Realtyの中核原則、ならびにDigital Realtyと取引関係を築き維持していくにあたってサプライヤーに求められる要件を説明しています。

グローバル EOH&S 方針

Digital Realtyの環境・労働安全衛生(EOH&S)に関する方針は、世界中で妥協を許さない品質とパフォーマンスを実現するための環境を目標としています。

地球を保護するイノベーションを促進

ケーススタディの概要

共同で取り組んだ結果、エネルギー効率が高く節水性能を備えた環境に優しい熱管理ソリューションとして認定を勝ち取りました。ビジネスの観点から見ても素晴らしい成果です。

Liebert Thermal Management(Emerson Network Powerの一事業)、マーケティング担当VP、John Peter Valiulis氏
トップ
お問い合わせ